岩松勇人の経歴と仕事術

岩松勇人の経歴と仕事術がみえたサイト

風土を伝えます

時代と感性

生まれた頃は華やかなバブル期に影響されていたと聞いています。
コンピュータ社会の始まりでも、まだその後数年は一人一人がパソコンを手にすることのできない時代でした。
情報はテレビや新聞雑誌の紙媒体が中心で、今の若者は新聞やテレビのニュースさえ見ず漫画ばかり読んでいる、とやはり順送りの批判をされていたそうです。
時代とともに、インターネット社会に移り、スマートフォンの手軽さから通販の全盛期を迎えようとしています。
一瞬で選び、欲しいと思った途端にほとんどの商品が顧客の元に、宅配で届けられる便利さも手に入れました。
商品の選び方次第で、すべて決まってしまいます。
需要などの状況を読むためにも、情報収集は欠かせません。

BtoC

Business to Consumerは、企業から消費者向けの商売を指し、商品の購入の決定権は消費者本人にあることが前提です。
消費者全体の商品に対する認知度が重要です。
認知度を上げる施策として、テレビのCM、新聞雑誌等の紙媒体の広告や看板広告など、マスメディア発信を主軸に販促活動されていることがあります。
あらゆる広告のおかげで多くの消費者の顧客獲得に役立っていることは押さえておかなくてはいけませんし、個人に選んで貰えるかどうかが重要だからです。
企業のブランディングと認知の拡大に支えられ、より多くの商品の売買につなげています。
肝心の高級なブランド品から骨董品も、自分自身がそのニーズや良さを理解できなければ、消費者の動向を掴むことは不可能です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る