岩松勇人の経歴と仕事術

岩松勇人の経歴と仕事術がみえたサイト

スタイリッシュな思想を目指します

ブランド構築をする

その米コーヒーチェーン店の名前は、もともとはワシントン州の火山にあった採掘場の名前からとられ、よく似た米国ハーマン・メルヴィルの長編小説の一等航海士の名前に由来するのは、創始者の一人が文学好きであったからだそうです。
コーヒーの製品についた名前のブランドは、良く知られている名前で製品のコーヒーの品質が良さそうで会社名にも信頼があるのが一因で市場シェアが高くなり、ブランドとして世間に認知され、繰り返しに消費者から購買されることでメリットがあることが実証されている会社とされています。
創始者の、本物のコーヒーを知ってもらうと言う、コーヒーの品質がすべてで、本物の味を提供するのが本分だったそうです。
ビジネスを拡大する気持ちは全くなかったそうです。

リスク回避

その米コーヒーチェーン店のロゴが似ていることを理由に、インドのコーヒーショップチェーン5店舗の企業を相手取り提起した裁判でインドの高等裁判所が、米コーヒーチェーン店の主張を認めて、インドの企業に対して店名とロゴ変更の仮命令を出した。
米コーヒーチェーン店側は、消費者に混乱を与えないようにするためロゴや店名の商標などの侵害行為に立ち向かうための訴訟提起であるとした。
一方インドの企業側は、ヒンディー語を組み合わせた店名で米コーヒーチェーン店の名前を意識したものではないと反論したが、裁判所では聞き入れられなかった。
ロゴも変更されたが厳しいもので、インドの企業の経営者や企業自体の意向ではなく青天の霹靂であり委託された制作側の意図でのねつ造であったとしても、多額の費用を請求され、商標を改めなければならない。
リスクを回避するのは、企業として倫理的な要素が必要になる。


この記事をシェアする
TOPへ戻る